Sharable

システム&ウェブのシェアラブル

Googleハングアウトにパラメーターを渡したい

2013年4月30日

パラメーター、引数、クエリ、args、そんな感じの値をGoogleハングアウトに渡したいときもあります。
そんなときはgdという名前のクエリを作れば実現できます。

複数渡したい時などはJSONとして扱うのが便利なので、その方法をメモしておきます。

前提条件としてガジェットXMLにviewsというモジュールを追記する必要があります。

https://gist.github.com/soylatte/5486761.js

サンプルコード

ハングアウトを呼び出すサイト側の実装と、ハングアウトアプリ側の実装の2つをメモしておきます。

サイト側の実装

以下のようなハングアウトボタンを作ります。

https://gist.github.com/soylatte/5486776.js

3行目にあるのが、gdというパラメーターのキー。そのバリューとしてJson文字列を指定してあげれば準備OK。
ここではfnとvalというJSONキーを用意しています。

ハングアウトアプリ側(ガジェットXML)の実装

https://gist.github.com/soylatte/5486799.js

上記のようにgdで渡されたパラメーターはgadgets.views.getParams()[‘appData’];で取得できます。
それをJqueryのparseJSONでJson型に変換してあげるだけでOK。

これでサイト側とアプリでの通信が可能になり、夢が広がる。

2013/05/09 追記:
他にもgetStartData()という関数も用意されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加