強み発掘ワークシステムとは?

強み発掘ワークシステムとは、松原靖樹さん監修の元に作られたオンラインで強み発掘を行うことができるシステムです。

松原靖樹さんは、2008年頃から個人の強みに関する研究、セミナー活動、個人・企業へのコンサルティングを行っている専門家です。27歳から30歳の間で4億9千万円売り上げた英会話スクールの創業者でもあります。

足元から人生を始めるとは?

  • 足元から始める
  • 現在地から始める
  • 等身大の自分の知る

という言葉は全て同じ意味です。

「目標」や「なりたい自分」にとらわれずに、自分自身はすでにどういうことに卓越している人間なのか、という部分に着目しようという言葉になります。

そもそも目標とかなりたい自分というのは、「今の自分にはないもの」に焦点をあてています。

それを手に入れよう、という思考の裏には「今のままではダメだから」という考えがあります。

そうではなく、「すでにあるものに着目する」というのが強み発掘の大前提です。

強みとは?

個々人の持つ、すでに卓越している特徴を強みと呼んでいます。

これはスキルや能力ではありません。また意識できているケースは少ないと言えます。というのも、本人にとっては至って「当たり前」のことが強みである可能性が高いからです。当たり前のことすぎて気がつかないというパターンが往々にしてあります。当ワークシステムでは、そういった気がついてない強みを発掘して、今後の人生に意識的に使っていくことで足元から人生を始めることを応援しています。

もっとも簡単な強み発掘の自問はこちらです。

「他者にはむずかしいかもしれないが、自分にとっては簡単に出来てしまうことは何か」

これが強みとは何かを認識する上でもっとも明瞭な問いになります。

強みの発掘は自分自身が本当に自分らしく生きていくための手助けになるので、強み発掘は習慣化したい。〔中略〕強み発掘を本気で行うなら「90日で生まれかわる方法」などというような夢を見ていないで、長年をかけて徐々に、どんどん成長する自分を作る気持ちを持つ方がいい。


キジバトを探す